*

鞄の種類

ここでは鞄の種類について説明します。

ブリーフケース

ビジネス用の書類鞄の事をいいます。ビジネスファッションの多様化により、女性も持つことが多くなりデザインも様々なものが作られました。

ショルダーバッグ

肩にかけてもつ鞄の事をいいます。
街歩きからビジネス、はたまた小旅行まで様々な用途に使われるため、種類も多くデザインもいろいろ。両手があくことがメリットではありますが、片方の肩に負担がかかるため疲れやすいのがデメリットでもあります。

トートバッグ

大きな角形の手提げバッグの事を言います。最近は肩から提げられるように取っ手が大きく作られている物もあります。トートバッグの「トート」とは英語の「Tote(持ち運ぶ、携帯)」に由来しているそうです。

キャリーバッグ

重たいトランクケースなどに車輪を付けたものです。荷車のように転がして移動させることができるので、大容量の荷物を運ぶことが可能です。旅行などに便利に使われています。

リュック

登山用の背負い鞄の事です。現在では登山だけでなく街中でも使われているため、多種多様なものがあります。小型のデイパックもこの中に含められます。

ボディバッグ

ストラップが一本だけのショルダーバッグのような縦長の鞄です。ウエストバッグを大きくして背中で背負った感じの作りですね。基本はたすき掛けで身体に密着させ安定させますが、片方の肩にかけて使う場合もあります。自転車乗り用のメッセンジャーバッグもこの中に含まれます。

ガーメントバッグ

内部にはハンガーの収納部があり、衣類を持ち歩く時に使うものです。結構式などのスーツを入れておくのに便利でしょう。式場までは普段着で、付いたら着替えるという風にすればスーツの汚れも最低限で済みます。

ウエストバッグ

ウエストポーチやヒップバッグとも呼ばれている腰の部分に取り付けるファッションバッグです。セカンドバッグのように必要なものだけコンパクトに収納したい時に便利でしょう。

セカンドバッグ

少ない手回り品を入れておくのに便利な手持ちのバッグの事をいいます。少し前までは成金オヤジのファッション的なものでしたが、それだけ高級なものが多いのも特徴です。

ダレスバッグ

側面が山型で丈夫を口がねで留めるビジネス用鞄の事をいいます。よくドラマなどで、往診のお医者さんが持っていたりしますね。1951年にアメリカのジョン・フォレスター・ダレスが講和特使として来日した時に持っていたのがこのタイプだったことから名前が付きました。

アタッシュケース

ビジネス用に作られた頑丈な鞄。アタッシュケースの「アタッシュ」はフランス語の「Attache(大使または公使の随行員)」が好んで使っていたからと言われています。

ボストンバッグ

全体的に大きくて底が広く、収納力にすぐれている上部を口金またはファスナーで開け閉めする機能を持つバッグの事をいいます。その収納力から旅行などに使われることが多いでしょう。

2WAYバッグ

普段は手提げバッグだが、ショルダー用のストラップをつけることによりショルダーバッグに変更できる鞄。2通りの持ち方ができるので2WAYバッグ。

3WAYバッグ

普段は手提げバッグだが、ショルダー用のストラップをつけることによりショルダーバッグに変更でき、さらにオプションのストラップを付ける(もしくはジッパー内部にストラップを出す)ことによりリュックにもなる鞄。3通りの持ち方ができるので3WAYばっっぐ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

CORE FP-15
360°耐衝撃・耐震構造の最強のキャリーケース

旅に持っていく鞄は頑丈なものがいいのは言うまでもないでしょう。

DTBGバックパック
充電用USB外部端子が付いたバックパック

スマートフォンなどがこれだけ普及する時代、誰もが考えるのはバッテリー切

ストリームトレイル SDウエストバッグ
ウエストバッグで完全防水!

小物を入れておくのに便利なウエストバッグですが、利便性をとるあまり防水

Matador Beast28
コンパクトにたためる本格的なバックパック

トレッキング用の本格的なバックパックは大きさや形状から、かなり大きいも

DOPPELGANGER クーラーバッグ CL1-523
クーラーバッグに見えないCool!なバッグ

夏の行楽シーズンが到来ということで、食べ物た飲み物を冷やせるクーラーバ

→もっと見る

PAGE TOP ↑